2009年09月29日

どっちのビデオが見たいですか?




もしあなたが、インターネットのビジネスに興味があるなら、
ヤニク・シルバーのことは知っているでしょうか?

ヤニクは世界でもっとも有名なインターネット・マーケティングの
エキスパートの一人です。

彼は毎年、世界中からインターネットで稼いでいる天才たちを
スピーカーとして集めて、インターネット・マーケティングのセミナーを
開催しています。


そのセミナーは、インターネットマーケティングの世界では、
最高峰と言われ、参加費も40万円もします。

ですが、今日このメールを見たあなたはラッキーです。


なぜならこのセミナーの内容を、
無料で見ることができるからです。

http://123direct.info/tracking/af/106213/cRx5xpex-nTytkwpJ/

このサイトでは、このセミナーのプレゼンのうち、
2つのビデオのどちらかが無料でもらえるのですが、
あなたはどっちのビデオを見たいですか?


http://123direct.info/tracking/af/106213/cRx5xpex-nTytkwpJ/



PS
私はAを選びました。



posted by 雪見大福 at 07:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

■幸せの青い鳥

『自分を不幸にしない13の習慣』1ケ月お試し




■幸せの青い鳥



「青い鳥」
というお話はご存知でしょうか?


「青い鳥」は
チルチルとミチルの兄妹が
病気の女の子のために
青い鳥を捜すという物語。


彼らは妖婆の希望をかなえるべく
青い鳥を捜す旅に出ます。


しかし、どれだけ捜しても
青い鳥は死んでしまっていたり、
偽物だったりして見つかりません。


彼らは青い鳥を見つけることができず、
トボトボと家に戻ることになります。


しかし、家に戻ったときに
自分達の飼っていた鳥こそが
青い鳥だったことに気付きます。


青い鳥の話ではありませんが
幸せとは外の世界で探し求めても
見つかるものではないのです。


幸せとは自分の心の中にあるのです。


だから、自分自身の中に
幸せを見つけることが
幸せになるための唯一の方法。


もし今、自分が運がないとか
恵まれていないとか感じているなら
それは自分で自分を不幸にしている
ちょっと危険な状態なのです。


そして、幸せな人はどんどん幸せになり
幸せを引き寄せますが、不幸な人は
その逆のことが起こります。


もし、今、幸せを感じることができないなら
是非、この本を読んでみてください。


きっと心の幸せを
感じることができると思います。


このサイトだと
無料でお試しできるのでオススメです。
http://123direct.info/tracking/af/162782/0XLCfhof/





人気ブログランキングへ

Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.
posted by 雪見大福 at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■豊かになれない本当の理由

『自分を不幸にしない13の習慣』1ケ月お試し



■豊かになれない本当の理由



がんばってもがんばっても
まるで豊かになれない。


自分が今やっていることは
果たして正しいのだろうか?


そんなことが脳裏に
浮かんだことがありませんか?


多くの人はなかなか上がらない給料や
うまくいかない人間関係の中
なんとかして豊かになろうと
苦しい毎日を送っています。


しかしその一方、
たとえ貧しい暮らしをしていても
幸せそうにしている家族がいるのも
紛れもない事実です。


一体なぜ、同じ状況にあっても
ある人は幸せを感じることができるのに
別の人は不幸になってしまうのでしょうか?


それは幸せを感じる能力の差なのです。


どんなに健康に恵まれていても
どんなにお金を持っていても
どんなに良い人脈を持っていても
幸せを感じることができなければ
その人はいつまでたっても不幸なのです。


ではこの「幸せを感じる能力」とは
一体何なのでしょうか?


どうすればこの能力を手に入れて
自分の幸せを見つけることが
できるのでしょうか?


今から約60年ほど前、
あるアメリカの形成外科医によって
この秘密が解き明かされました。


これは心理学史上最大の発見とも
言われています。


この発見によって幸せや不幸の状態が
人の人生の成功にいかに影響しているか
見事に説明できるようになったのです。


心理学史上最大の発見は
こちらをクリックして詳細を
チェックしてみてください。

http://123direct.info/tracking/af/162782/0XLCfhof/





人気ブログランキングへ
posted by 雪見大福 at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

■不幸を招く人、幸運を引き寄せる人

『自分を不幸にしない13の習慣』1ケ月お試し



■不幸を招く人、幸運を引き寄せる人



不思議なことに世の中には身の回りに
不幸なことばかり起きてしまう人と
何をやってもうまくいく人がいます。



ちょっと考えてみてください。
最近良いことはありましたか?



もし、良いことなんて何一つない
というなら、無意識のうちに
不幸を招いている可能性があります。



でもその一方で、世の中には
何をやってもうまくいく人が
いるのも事実です。



彼らは運がいいだけなんでしょうか?



それとも、
何かうまくいく秘密のようなものを
知ってるのでしょうか?



実はその秘密はあるみたいなのです。



この本によると、
不幸な人は不幸を招き、
幸せな人は幸せを招いています。



つまり、幸せな人はなるべくして
幸せになっているのです。



ではその秘密って何なのでしょう?



一言では書ききれないので
本を読んでみて欲しいのですが、
その秘密は”セルフイメージ”にあるそうです。



このサイトではこの秘密を記した本を
無料で試すことができるようなので
取り寄せてみることをオススメします。
http://123direct.info/tracking/af/162782/0XLCfhof/



アマゾンと違って本を買う必要もなく
読んでみてから買うかどうかを
決めればいいので立ち読みの感覚です。



是非チェックしてみてくださいね。
http://123direct.info/tracking/af/162782/0XLCfhof/





人気ブログランキングへ
posted by 雪見大福 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

■不幸にならないために

『自分を不幸にしない13の習慣』1ケ月お試し



■不幸にならないために



こんなことを考えたことはありませんか?


・なぜ自分の収入は上がらないのだろう?
・なぜ自分には才能がないのだろう?
・なぜあの人は自分より頭がいいのだろう?
・なぜ何をやってもうまくいかないのだろう?


もし、少しでもこんなふうに思ったことがあるなら、
それはちょっと危険信号です。


こういった考えは一般的に
「劣等感」と言われています。


劣等感を放っておくと
それは次第に大きくなって
自己嫌悪や人間不信といった
不幸を招く感情に発展します。


そして、こうなってしまうと
自分で自分を攻撃して
不幸な人生を進んでしまうのです。


一たび不幸のサイクルにはまってしまうと
さらなる自己嫌悪、人間不信から
より大きな不幸に陥ってしまいます。


不幸は不幸を呼び寄せてしまうのです。


でも、安心してください。


余程の恵まれている人でない限り
ほとんどの人は一度はこういった疑問を
胸に抱いたことがあるものです。


人間は自分の幸せなところを見ないで
足りないところにばかり
目を向けてしまう習性があるのです。


では、どうすれば劣等感を克服して
幸せを感じることができるのでしょうか?


幸せな人の周りには幸せが溢れています。
幸せを求めてどんどん人が集まり
もっともっと幸せになっていくのです。


今から60年くらい前、
あるアメリカの形成外科医が
患者を診ていくうちに自分自身を幸せにする
驚くべき方法を発見しました。


この理論は世界で3500万人の人に
影響を与え、英語圏ではとても有名な
考え方の一つとなっています。


この考え方のおかげで、
フランクリン・ルーズベルト元大統領や
NFLのトッププレイヤー・ジムブラウンなど
多くの有名人も良い影響を受けて
数多くの成功を収めてきたそうです。


こちらをクリックして
自分を決して不幸にしないようにする
その秘訣をチェックしてみてください。
http://123direct.info/tracking/af/162782/0XLCfhof/




人気ブログランキングへ




posted by 雪見大福 at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。