2012年04月26日

■「会社」の寿命はあと3年?あなた、準備OK?

サラリーマンには厳しい状況が続いています。
給料が「下がる」のはまだ恵まれている方です。


なぜなら、、、


日本ナンバーワンのマーケッターで、
最も影響力のあるコンサルタントでもある神田昌典さんが、
著書「2022ーこれから10年、活躍できる人の条件」の中で

「会社はなくなる」
と断言しているからです。


さらに同書のP136には、

『1970年初に約50年だった企業の寿命は、
1983年には30年に、1997年には12.5年に、
2008年には10.5年になり、

いまや「確実に10年を切った」「もはや3年」という見解もある』
と書かれています。

(実際神田さんの会社組織は解体し、社員は全員退職。
元社員はフリーエージェントとして事業に関わるように変わりました)。


これは、あなたが望もうが望むまいが、
これからは起業家的な考え方をしなければ生きていけない時代に入っている、
ということなのかもしれません。

少なくとも、
「会社にいて我慢して働いていれば食わせてもらえる」
という時代は間もなく終りを迎えます。


これまでは「こんな時代に起業するなんてリスクが大きい」
なんてことを言われていましたが、これからは、


『会社から給料をもらう以外にお金の稼ぎ方を
知らない事のほうが、リスクが大きい。』

という時代に入ってきているのです。

個人の「個人の稼ぐ力」の重要性がどんどん増してくる
これからの「1億 総起業家時代」。


あなたは、その準備ができていますか?

http://123direct.info/tracking/af/106213/aW8uZd9K/

東大家庭教師が教えるやる気で人生を変える秘密
posted by 雪見大福 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267078175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。